新倫理経営原則

「私たちは、1流グローバル企業に成長するために、適切な意思決定と倫理判断で会社の未来のために貢献する。」

このため、「顧客最優先、コンプライアンス経営、基本充実、所有者の意識、社会的責任」をすべての従業員が共有して守るべき倫理経営5対行動原則とし、これを積極的に実践することを決意する。

  • 原則1. 顧客を最優先の価値とする。
    • 1-1. お客様の価値と情報を尊重し、徹底的に保護する。
    • 1-2. お客様に役立つ差別された価値を絶えず創造する。
  • 原則2.各種法規と基準を厳格に遵守する。
    • 2-1. 法律に基づいて、正々堂々行動する。
    • 2-2. 経営の透明性を確保・維持し、会社の秘密は徹底保護する。
  • 原則3. 基本と原則に忠実である。
    • 3-1. 会社全体の利益の観点から合理的な、客観的に判断し、責任を持って行動する。
    • 3-2. 公私を厳格に区分し、健全でクリーンな組織文化の造成に先頭に立つ。
  • 原則4. 会社と私は1つという意識を持つ。
    • 4-1. 失敗を恐れず、常に最高に挑戦する。
    • 4-2. 自律とエンパワーメントを通じて効率の向上を追求する。
  • 原則5. 企業としての社会的責任と義務を果たす。
    • 5-1. 株主の権利と利益を保護し、従業員の「生活の質」の向上のために努力する。
    • 5-2. 環境・安全・人権を重視し、尊重する。
    • 5-3. 社会貢献活動に力を入れて、事業パートナーと同伴成長の関係を構築する。